逆転の発想で考えるローン

【解説】スウィーブサービスとは?⇒銀行の普通預金口座と証券取引口座(同一金融機関・グループの)、2つの口座の間で、株式の購入資金や売却代金などが自動的に双方に振替えてくれる画期的なサービスである。同一金融グループ内での優良顧客を囲い込むための戦略である。

中途半端なアコムは使わない。それが賢いアコムの流儀。

名言「銀行の経営、それは信頼によって発展するか、そこに融資するほど値打ちがあるとは言えないという見方をされてうまくいかなくなるかの二つしかない」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)これからは安定的であることに加え活力にも魅力がある新しい金融市場や取引のシステムを誕生させるためには、銀行など民間金融機関と行政(国)がお互いの解決するべき課題に精力的に取り組んでいかなければならない責任がある。説明:「失われた10年」というのは、その国全体の、または地域の経済活動がほぼ10年以上の長い期間にわたる不況、さらには停滞に襲われていた時代を意味する語である。

もし織田信長がこの借入れを得て(で)いたら歴史は変わっていた(かもね)

例外を除いて株式市場に自社株を公開している上場企業なら、企業運営のための資金調達の手段として、株式に加えて社債も発行するのが当たり前になっている。株式と社債の違いは、返済義務である。覚えておこう。株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行から提供されるサービスに関しては郵便貯金法(2007年廃止)に基づく「郵便貯金」とは異なり、銀行に関して規定する法律である銀行法(1981年年6月1日法律第59号)に基づいた「預貯金」に準拠するサービスなのだ。銀行を表すBANKはもともとイタリア語のbanco(机、ベンチ)という単語が起源である。ヨーロッパで最も古い銀行。それは今から約600年前に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行です。

うまい!日本円

クレジット15イメージ紹介されることが多い「銀行の運営なんてものは銀行自身に信用があって発展するか、融資するほど価値があるとは言えない銀行だと認識されたことで失敗する、二つに一つだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉からそのとおり「失われた10年」という言葉は本来、その国とか地域の経済活動がなんと約10年以上の長きにわたって不況、加えて停滞に襲われていた時代を表す語である。民営化されたゆうちょ銀行が取り扱っている貯金などのサービスは2007年に廃止された郵便貯金法によって定められた「郵便貯金」は適用せず、民営化後適用された銀行法に基づいた「預貯金」に則ったサービスです。

本日限りのローン

紹介のあった、第二種金融商品取引業者(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)が自前でファンドを開発し、なおかつ適切に運営していくためには、考えられないほど本当に数の「やるべきこと」と、「やってはいけないこと」が事細かに定められていることを知っておきたい。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ